悪玉菌を減らす方法とは?

悪玉菌とは何か知っていますか?私達の腸内に住んでいて、身体に悪い影響を及ぼす菌のことです。
腸内には何兆もの細菌が住みついていますが、この悪玉菌と、身体に良い影響を及ぼす善玉菌と、時と場合によって悪玉にも善玉にもなる日和見菌とに分けることができます。
悪玉菌が増えると、腸内にメタンガスや腐敗物質などの有害物質が増え、腸の働きが悪くなり、消化不良や便秘を引き起こします。
肌荒れやアレルギーの悪化の原因になり、腸内に発がん性物質が増えるこことで、大腸がんリスクも高まってしまいます。
では逆に、悪玉菌を減らすためには、どうすれば良いのでしょうか?
第一に、栄養バランスの取れた食事を、毎日三食きちんと食べることです。特に食物繊維を意識して取れば、腸内の有害物質を排出することができます。
また、悪玉菌を減らすためには、自律神経の乱れを整えることが大切です。
十分な睡眠と適度な運動で、ストレスをため過ぎないようにして、規則他正しい生活を心がけましょう。
自律神経を整えるためには、漢方薬も市販されていますので、それを利用するのも一つの方法です。
お腹を温めて善玉菌を活動しやすくすることでも、腸に悪い影響を与える菌を減らすことができますよ。

img001_r

腸内の悪玉菌を減らす方法は何がある?

腸内に生息する悪玉菌を減らすことは、胃腸の働きを良くしたり、体の免疫力をアップさせたりして病気にもなりにくくすることにも繋がっていくため、奨励されるべきことです。
実際に悪玉菌を減らすためには、それ以上に腸内に善玉菌を増やすことが必要不可欠な方法となります。
善玉菌そのものが悪い働きをもたらす細菌を直接的に攻撃したり食べるというよりは、善玉菌がオリゴ糖などの小糖類と結び付いて、有機酸を作り出すことが可能です。
この有機酸の効果には、悪玉菌の増殖を抑制したり、その菌自体が働けなくしてしまう物質としての効果が期待できます。
そして有機酸は、オリゴ糖を餌とする善玉菌によって作り出され、それだけが体内で悪玉菌を減らす唯一の方法となります。
従って、オリゴ糖などの善玉菌のエサとなる小糖類を含む食べ物を豊富に摂取することで、腸内の善玉菌が活性化され、有機酸を多く生み出することにも繋がっていきます。
ただ単にヨーグルトを食べたり、食物繊維を食べること自体には意味なく、豊富なオリゴ糖を含んだ小糖類が多い食事を中心にすることで、腸内で有機酸が作り出しやすい環境が生まれます。
腸内の有機酸が作り出しやすい環境を構築していけば、それだけで悪玉菌が減る結果となります。

img002_r

悪玉菌と善玉菌のバランスをよくする

便秘で悩んでいる人はとても多いです。その理由はさまざまですが、便秘と大きくかかわっているのが腸です。
腸の蠕動が正常だと食べ物を消化する力もありますし、老廃物である便を押し出す動きも正常なので便通もよくなります。
この蠕動運動を活発にしてくれるのが腸内細菌です。具体的にいえば善玉菌と悪玉菌と日和見菌です。
腸にはたくさんの細菌がいます。
善玉菌を増やせばいいと言われていますが、実際には悪玉菌もいますし日和見菌といって、どちらにも属さない菌もいます。
これは善玉菌と悪玉菌のバランスをみながら変化していく菌のことをいいますが、どちらかが多くても腸内環境はいいとはいえません。
どちらの菌もバランスがよくなるとより動きがよくなるのです。バランスをよくするためには食事と水分と運動が必要です。
食事は麹や乳製品などの発酵食品がとてもいいことがわかっていますし、きちんと水を飲むということも必要です。
さらには運動です。便秘で悩む人の多くが実は運動不足なのです。
腸や腰まわリを動かす動きをしていれば便秘は改善していけます。
具体的にいうと、ヨガをやると自律神経の乱れも整うので、ヨガをやってリラックスすることが腸のためにもいいのです。

img003_r

菌を減らす食べ物ってなに?

腸内にどんどん有害物質を増やしてしまう悪玉菌を減らすには、一体どんなものを食べれば良いのか、ご存知ですか?
増殖すればするほど、腸の中に便秘や肌荒れや病気の原因になる有害物質や毒物を作り出してしまう、憎い悪玉菌を減らすためには、善玉菌を増やしてやるのが効果的なのです。
腸の中に善玉菌が増えると、身体に悪影響を与える菌がぐっと減りやすくなるのです。
善玉菌を増やす食べ物には、ビフィズス菌を含んだヨーグルトや、チーズ、漬物、味噌、納豆などの発酵食品があります。
また、悪玉菌は、食べ物のカスが大好物ですから、この食べカスが腸内に長く留まらず、順調に体外に排出されるようにすることが大切です。
つまり、悪玉菌のエサをさっと片付けてしまう腸のお掃除役をする食べ物が、とても効果的ということです。
具体的には、食物繊維を多く含んだ食材です。
ゴボウや大根などの根菜、じゃがいもやさつまいもなどのイモ類、しいたけやしめじなどのキノコ類、ワカメやひじきなどの海藻類などです。
これらの食べ物を意識してメニューに取り入れてくださいね。
そして、悪玉菌のエサとなる油や肉などの食べ物を取り過ぎている方は、少し減らすように気をつけましょう。

img004_r

参考サイトはこちら

悪玉菌については色々と解説していきました。
悪玉菌は便秘の症状と関係していますので、便秘で日々困っているなら、便秘の対処に特化して情報を集めることも重要です。
便秘のお茶というものを最近インターネットでよく目にします。
役に立つかもしれないので、参考サイトとしてこちらに載せておきますね。

参考サイト
お茶で妊婦が便秘の時に飲んでも良いもの